RSS
email

好きな仕事を、いい環境で、長く続けられるようにして欲しい

アニメ制作現場から悲鳴 「生活保護を受けたり、ホームレスになった人もいる」



クリエイティブな仕事をする人は、色々覚悟しているだろう。
好きで、その仕事をやっている人が、多いからだ。
だから、仕事がきつくても、給料が安くても、会社を辞めたりしない。
そんな覚悟だ。

好きな仕事をやれるから。

それだけをよりどころにして生きている。仕事をしている。
そんな人達に、まともな仕事環境を与えてやって欲しいと願うのは、間違いなんだろうか?

2chの書き込みは、相変わらず思いやりがない。
そして、現実をより良くしていこうとしていない。
それは、一面的な見方だとは思う。

よりがんばって、より良くして行こうとしている人間が、報われているか?
このクリエイティブな仕事をして、本当に良かったと思えるか?
現実は厳しいのは、言われなくてもわかる。
そんなのは当たり前だ。

それを良くしていこうと、なぜみんなしないのだろう?
みんながやれることで良いと思う。
Winnyとかで、アニメをダウンロードしないで、
せめてレンタルしてくるとか、そんなことで良いと思う。

日本の文化、新しい文化のアニメやゲーム、漫画を、世界は認めている。
だけど国は認めていない。
そして、国民も認めていない。

あなたは、認めていますか?
作った人に、それなりの代価を払っていますか?
あなたは、頑張っている人間を認めていますか?

Bookmark and Share

1 コメント:

あずや said...

うちのかみさんが、まさに元アニメーターだったので、どの位生活が大変なのかを何度も聞かされて、共感しています。

本当に、アニメーターというのはただでさえ生活するだけでも必死なんだなぁ…と、思いますよ。唯一の生きがいは、好きな仕事だったから…ということだけのようです。

今になってみれば、プロの漫画家になれて自分と結婚して家を持つようになったのが本当に良かったと思いますが、アニメーターのままだったら、今頃どうなっていたんでしょう…。

やっぱり、好きな仕事を良い環境で長く続けられるようにというのは、作り手・顧客双方がちゃんと対価を払って初めて成り立つものだと思いますね。

 
カウンターカウンター

Search Engine Optimization Technorati Profile track feed ほくろぐ フィードメーター - ほくろぐ