RSS
email

結局は、古い権利構造からの脱却が無い

いくら何でも電通を嫌いすぎだろ、常識的に考えて

最近の初音ミクの話題とかも含めて、電通の仕事に対しての記事が載っています。

そうですね、色々納得できるものはあります。
実際、電通ばかりが悪って事は、まずありえない話ですよ。

ですが、やはりこの記事でも、古い権利構造がとても見えます。

 というのは、広告主協会や池田信夫などが盛んに言っておるとおり、従来この手の総務省&テレビ局&広告代理店というトライアングルは規制業種であって許認可で高い給料貰うなどけしからんというような批判を受けております。やっぱこの目線で一般ピープルから無条件に嫌われておるというのもあるかもしれんですね。

そりゃ、嫌われます。
何もせずに、高いお金をもらう天下り。
それで、税金というお金をまわしてもらっている、テレビ局、広告代理店。
そんな構造があって、ゆるせると思いますか?

結局は、古い人間の古い考え方なんですよ。


 広告代理店が多めに枠販売で銭を持っていくのは、メディア業界全体がねじれているので、テレビから大きく吸い上げ、新聞、雑誌、ラジオなど旧媒体が存続できるよう、その補填、調整のために企画名目で再配分していることになります。

赤字だから、新聞社にお金をまわす???
そんな新聞社、潰れればいいんです。
TV会社も同じ。
どんなキー局でも大手新聞社でも潰れればいい。
それが市場原理です。
あなた達は、市場原理から逸脱した存在なんです。

結局は、国や電通やら、いろいろなところからの補助を受けて成り立っているマスメディアが
すでにもう駄目な訳です。
潰れて、膿を出してください。

潰れればいいというと、連鎖的に色々影響が大きい、とか言われますが、
それはそれぞれの会社が対応すべきことです。
キー局や大手新聞社に頼りきりのところは、駄目でしょうね~




寄らば大樹の陰…

日本って大樹は、もう腐ってますよ?

新しい芽を育てましょうよ。




結局は、製作者と、お客を結ぶ構造が出来ないところに問題があります。

以前は、電通とかが広告を行い、TVで視聴率を稼ぎ、広告料を頂いて、製作者にお金が行く。
これでうまく行っていた。
今はそうは行かない。
今はコンテンツが多様化していますからね。
今までの構造では、そりゃ今までのメディアはついていけないのは当たり前。

言っておくが、
新しいコンテンツのひとつとして、ゲームもあり、
その増え続けるコンテンツと戦ってる一部の中に、ゲームクリエイターも居る。
だから、わかる。

いかにお客→製作者のラインの間のお金を減らすことが大切かを。

幸いにして、ゲーム業界は、古い体質は少ない。
だから、あまり電通悪玉論みたいなことは起こらない。
それに、ゲームが大ヒットすれば、リターンも大きいしね。

今までの既存のメディア、業界は、
結局、自分で自分たちの首を絞めている。
なぜか?

既得権益の人間が、権力を振りかざして、自分の利益を守っているからだ。

そして、製作者には、なにも残らないのだ。




職人の国、日本はどこに行ったのだろう?
職人を育てる気は、もうないのだろうか?

私は、私の周りだけでも、がんばってみようと思う

Bookmark and Share

1 コメント:

nishik-t said...

> 幸いにして、ゲーム業界は、古い体質は少ない。
> だから、あまり電通悪玉論みたいなことは起こらない。
> それに、ゲームが大ヒットすれば、リターンも大きいしね。

ゲームはユーザーがコンテンツに直接お金を出すモデルで、TVやネットのように広告モデルではないわけです。
ゲームを売るために広告を打つので、広告代理店を使う側になるのかな?

ユーザーが只で(または安く)見れるメディアでは製作側が収益を得るために、広告が必要で(広告モデル)そこには広告代理店が必然的に必要になってくるわけです。
なぜ必然かっていうと、製作側は面倒な広告営業をしたくないですからですね。

だけど、広告代理店は、単純に広告枠の売り買いと広告製作だけをやっていれば良いのに、コンテンツに口を出してくるんですね。
それは、代理店としても広告枠を担うメディアの質が落ちたら困るので当然といえば当然。
お金をメディアに落とすのも広告代理店経由なので、コンテンツを作る製作側としてもあまり文句も言えず、言いなりになってしまう。
そうなると製作側からは広告代理店がウザイ存在になってくるわけです。

もしかすると、この構造は必然的なものかもしれない。

まあ、それが広告代理店が嫌われる原因の一つじゃないかななんて思います。

僕も、広告代理店がいなくなると困るけど、その存在は嫌いですw

 
カウンターカウンター

Search Engine Optimization Technorati Profile track feed ほくろぐ フィードメーター - ほくろぐ