RSS
email

MZK-W300NAG と WZR-HP-G300NH のレビュー

最近、無線LANのセキュリティが、危うくなっています。
WEPとWPAは、さくっと暗号化が解読されてしまうようです。

私の家は、BUFFALOの無線LANルーター3台使って、WDSを構成していました。
ですが、だいぶ古いものなので、WDSを構築するためには、暗号化をWEPにしか出来ません…

ちとセキュリティが怖いなぁ~
そろそろ、11nが正式版になるな~
そろそろ買いかな~
買うか!!!

となり、無線LANを物色していたところ、いくつか候補が挙がりました。
1. buffalo WZR-HP-G300NH & WLI-TX4-AG300N
2. corega CG-WLR300NNH & CG-WLCVR300AGN
3. planex MZK-W300NAG

1、2は無線LANルーターと無線LANコンバーターの組み合わせ、
3は無線LANルーターでWDSを構築できるものです。

LANポートがギガビットが欲しかった為、1は外しました。
一番安心感があるのは、1だったのですが…
2と3のどちらが良いか迷いましたが、2はそもそも売り切れてた…
そこで、3の MZK-W300NAG を選択。
WDSが構築できるのが決め手でした。
値段もそこそこお安く、(9700円くらい)
ヨドバシ&ビックカメラのポイントも貯まっていたので、購入。
(全部で4台も)

こちらを2週間ばかり運用しています。
色々評判を調べて、少々不安でしたが、今のところ順調に稼働中。
特に不具合は起こっていません。
planexあなどりがたし…

ちなみに、
・5GHz帯の11n&11a
・WPA2-AESでWDS
を無事に構築、運用できています。
私の理想的な環境が出来上がりました。


無線通信速度を計測してみましたが、
まぁ、なかなかの数字。
FTPサーバーとか立てて、きちっと計測わけではないですので、だいたいですが、
速度的には、11nの実測値くらいは出ていそうです。
うん、満足満足!!!




さらに、ルーターも取り替えてみました。

こちらは、
buffalo の WZR-HP-G300NH をチョイス。
交換理由としては、ゲーム機で使用する暗号化がWEP&WPAしかサポートしていないため…
で、マルチSSIDで、自宅のPC側のネットワークから遮断をしたかったためです。

WZR-HP-G300NHにした理由は、
・ギガビットポート
・マルチSSID&ネットワーク遮断機能
・ルーターとしての buffalo は、私は…私は…信用しているんだ!!!
です。

今まで、buffalo のルーター使っていたのですが、
数年間ほぼトラブルがなかったのですよ。
なので、ルーターは buffalo が良いかなと(安いしね)

高いルーターも考えたのですが、

・マルチSSID&ネットワーク遮断機能

この機能を満たすものがなかったので却下しました。

こちらも、問題無く運用中~
まぁ、堅いところを選択したしね。
ルーターの設定は、ちょっと変わっていたので少々戸惑ったが、すぐに出来た。
無線LANの設定も、ちょいちょいで終わり。
設定の楽さは、planex よりも buffalo の方が楽でした。
ちなみに、速度的にも、十分なものでした。

ちなみに、こちらの無線LANは
2.4GHz帯の11n、11g、11gです。
5GHzが使えないのよね…



ちょっと考察…

これで家に、2.4GHzと5GHzが混在するようになりました。
電波強度を調べると、
2.4GHz帯のほうが、やはり遠くまで飛びます。
ちょっと不安定ですが…
5GHz帯のほうは、2.4GHz帯よりも若干電波強度が弱いです。

ですが、なぜか速度は2.4GHz帯よりも、5GHz帯の方が速かったですよ。
びっくりです。
私の場合、1.5倍から2倍くらい速かったです。
やっぱり、5GHz帯の方がノイズが乗らないから、速いのでしょうかね?

そんなに厳密に測ったわけでは無いので、参考までにしてください。

計測は
・Network Stumbler
・TCP Monitor Plus
これを使用してみました。
作者さんありがとうございます。


というわけで、家のネットワークのセキュリティは、
一応万全になったはず。
はずだよね???(笑

(運用者が甘いから、まだまだ抜け道はあるんじゃねーか?
というツッコミはくるであろう)

Bookmark and Share

0 コメント:

 
カウンターカウンター

Search Engine Optimization Technorati Profile track feed ほくろぐ フィードメーター - ほくろぐ